エチラーム 1mg【デパス・ジェネリック】10錠の個人輸入通販【効果と副作用】

エチラーム 1mg
エチラームは気分をリラックスさせ、不安や緊張を落ち着かせる効果があるデパスのジェネリック医薬品です。
デパスは日本の心療内科や精神科などでもよく処方される有名なお薬です。主に、自律神経失調症、更年期障害、うつ病や不眠症、統合失調症、躁病の急性期などや筋肉を緩和させる作用があるので、緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、痙攣性の病気などに使用されます。デパスは副作用が少なく安全性が高いといわれています。

エチラームはそのデパスのジェネリック医薬品なので、デパスと同成分・同効果ですが、コストパフォーマンスに優れています。
有効成分であるエチゾラムは、チエノジアゼピン系に属する抗不安作用があり、脳のリラックス系の神経受容体「BZD受容体」に結合することで、リラックス系の神経を活性化させます。心身の安定、緩和精神安定剤とされており、興奮状態やイライラをしずめたり、筋肉のこわばりや、つっぱりをほぐす作用、また、睡眠誘導剤として処方されることもあります。
チエノジアゼピン系は、作用がやや強いですが作用時間は短いほうです。比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くありません。

私はこれまでデパスの効き目がよかったので、2週間に一回必ず通院して処方してもらっていましたが、通院する時間やコストパフォーマンスを比較して、個人輸入代行でジェネリック薬のエチラームを購入することにしました。
服用方法は、デパスと同じで、1回1錠を1日3回に分けて服用しています。
効果も変わりませんし、まとめて100錠購入しているので、これで2ヶ月以上もちます。
毎回の通院を気にしなくてよくなったのは、かなり大きいと思います。

エチラームの副作用は眠気、ふらつき、めまい、歩行失調、頭痛、頭重、言語障害、不眠、酩酊感、興奮、口渇、悪心、嘔気、食欲不振、胃・腹部不快感、嘔吐、腹痛、便秘、下痢、発疹、乳汁分泌、女性化乳房、高プロラクチン血症などがあります。
私は服用当初は吐き気とだるさを感じましたが、今はそれほどひどい症状はなくなりました。それと喉が渇くので水を飲むことが以前より多くなったと思います。
副作用には個人差がありますので、症状がひどい場合は直ちに服用をやめて医師を受診してください。

エチラーム Etilaam1mg 10錠 【デパス・ジェネリック】 10 tabs/sheet 1mg

http://sigmasolns.com/etilaam_10/

アリピゾル ARPIZOL 5mg【エビリファイ・ジェネリック】10錠の効果と副作用

アリピゾル 5mg 10錠
アリピゾルは新しいタイプの非定型抗精神病薬で、第3世代抗精神病薬と呼ばれるエビリファイのジェネリック医薬品です。
アリピゾルの有効成分であるアリピプラゾールは、統合失調症、双極性障害における躁状態の改善、うつ病、既存状態で十分な効果が認められないうつ状態に効果を発揮します。
統合失調症は、陽性症状(幻覚、妄想、興奮)と陰性症状(無感情、意欲低下、自閉)がありますが、アリビゾルは、その両方に効果を発揮し、ドーパミンという神経伝達物質の働きを調整し脳内の情報伝達系の混乱を改善します。
アリピゾルは眠気や体重増加をきたしにくく、長期の継続服用が可能であるという特徴があります。

服用方法は、一般的には1日1回15mgとされていますが、初めて服用される方は10mgから開始したほうが良いかもしれません。年齢、症状により増減するため、詳細は、医師の指示に従ってください。

アリピゾル 5mgの主な副作用として、不眠、神経過敏、不安、めまい、頭痛、傾眠、鎮静、浮動性めまい、落ち着きのなさ、うつ病、幻覚、妄想などがあります。
また、極稀ですが重篤な副作用として、悪性症候群、遅発性ジスキネジア、まひ性イレウス、アナフィラキシー様症状、横紋筋融解症、横尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、けいれん、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症があります。これらの副作用が見られた場合は直ちに服用を中止しして、医師に相談して下さい。

アリピゾル ARPIZOL 5mg 10pill in 1 sheet

http://sigmasolns.com/arpizol_5_10/

ノバミンのジェネリック医薬品 プロクロルペラジン 5mg 105錠を激安ネット通販で手に入れよう

プロクロルペラジン Stemetil MD 5mgの効能は吐き気や嘔吐、メニエール症候群などによるめまいに効果を発揮します。抗精神病効果もあるため、統合失調症や不安などの精神障害に対しても改善効果が期待できます。ノバミンのジェネリック医薬品なので、効果はノバミンと同じです。めまいなどの治療の場合は、1回5-10mgを1日2-3回経口服用してください。統合失調症の治療の場合は1回12.5mgを1日2回を7日間服用して下さい。詳しくは注意書きをよく読み正しくお使い下さい。

プロクロルペラジン Stemetil MDの副作用は以下のような症例が報告されています。

過敏症状、光線過敏症、パーキンソン症候群(手指振戦、筋強剛、流涎など)、ジスキネジア(口周部、四肢などの不随意運動など)、ジストニア(眼球上転、眼瞼けいれん、舌突出、けい性斜頸、頸後屈、体幹側屈、後弓反張、強迫開口など)、アカシジア(静坐不能)、白血球減少症、顆粒球減少症、血小板減少性紫斑病、肝障害、血圧降下、頻脈、不整脈、心疾患の悪化、食欲亢進、食欲不振、舌苔、悪心、嘔吐、下痢、便秘、縮瞳、眼圧亢進、視覚障害、体重増加、女性化乳房、乳汁分泌、射精不能、月経異常、糖尿、錯乱、不眠、めまい、頭痛、不安、興奮、易刺激、口渇、鼻閉、倦怠感、発熱、むくみ、尿閉、無尿、頻尿、尿失禁、皮膚の色素沈着
プロクロルペラジン Stemetil MD 5mg 105pills in 1 box

http://sigmasolns.com/stemetil_md_5_105/