アルダクトン Aldactone 100mg 15錠の効果と副作用

アルダクトン 100mg 15錠
アルダクトンは体の余分な水分を塩分とともに尿に排出し、むくみがとれて血圧を下げる効果のあるカリウム保持性利尿剤です。
有効成分であるスピロノラクトンは、血圧を上げるアルドステロンというホルモンを抑制し、ナトリウムと過剰な水分の排泄を促すので、体のむくみを防ぎ血圧を下げます。
スピロノラクトンの抗アンドロゲン作用は女性の多毛症やニキビの治療薬としても使用されています。
また、男性の脱毛症の原因と言われているジヒドロテストステロン(DHT)を抑制して、発毛、増毛剤にも効果があるとのことです。

服用方法は、通常、成人で1日50〜100mgを分割経口投与しますが、年齢や症状により服用量は増減しますので、注意書きに沿って用法、容量を守ってご使用下さい。

主な副作用として、乳房・乳首の腫れや痛み、生理不順、性欲減退、多毛、だるい、めまい、頭痛、発疹、蕁麻疹、食欲不振、嘔吐、口渇、下痢、便秘などがあります。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

アルダクトン Aldactone 100mg 15 pills in 1 sheet

http://sigmasolns.com/aldactone_100_15/