クラビット LQUIN 250mg 10錠の副作用と通販

クラビット LQUIN 250mg
クラビット LQUIN 250mgはクラミジア、淋病、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、トリコモナス、膣カンジダ症などの性感染症に効果を発揮します。主成分はレボフロキサシンをはじめとするニューキノロン系抗菌薬です。そのほかの効能としては偏性嫌気性菌(酸素分子のない環境下でのみ生育可能な菌)を含むグラム陽性菌(厚い細胞壁を持つ菌で、ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など)およびグラム陰性菌(細胞に外膜を持つ菌で、大腸菌、緑膿菌など)にも効果が期待できます。

クラビット LQUINの服用方法
成人にはレボフロキサシンとして1回500mg(500mg:1錠、250mg:2錠)を1日1回経口投与します。なお、疾患・症状に応じて適宜減量する。腸チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mg(500mg:1錠、250mg:2錠)を1日1回14日間経口投与します。またクラビットを長期投与が必要となる場合は、経過観察を十分に行って下さい。

クラビット LQUINの副作用は発疹が出る、下痢・軟便、吐き気などの症状がおこる場合があります。万が一これらの症状が長引き異常を感じた場合はただちに服用を中止し、医師に相談して下さい。
クラビット LQUIN 250mg 10pills in 1 sheet

http://sigmasolns.com/lquin_250_10/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です