海外医薬品で通販する時の注意点

海外医薬品で通販する時の注意点

ジェネリック医薬品を個人輸入で購入する人が増えてきた昨今ですが、気をつけなければならない注意点もあります。

基本、個人輸入の購入の仕方は普通の通販と変わりませんが、全く同じという訳ではありません。
個人輸入で通販をする場合には、いくつかの決まりごとがあります。

一般の個人が個人輸入することができるのは、自分自身で使用する場合に限られています。
家族の代わりに購入したり、他人に転売したり譲渡することは出来ません。

個人輸入の場合、一定の範囲内であれば税関限りの確認で通関することができます。
例えば男性に限り使用許可の出ている医薬品を、女性名義で購入しようとした場合、関税で通らないことも考えられます。

あくまで個人輸入は、個人が使用するためのものということを忘れないようにして下さい。

もう1つ気をつけたいのは、中国などで作られているバイアグラなどの粗悪品を騙されて購入させられてしまう危険性です。

粗悪品は効果が薄いどころか、全く効果のないものが多数あり、そういったものを買わされてしまう可能性があります。

なかなか見極めるのは難しいと思いますが、正規品を取り扱っている安心できるサイトを見つけて利用するようにして下さい。

URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)