カデュエット 10/10mg 30錠の副作用と効果

カデュエット 10/10mg 30錠
カデュエットは高血圧症と狭心症に効果のあるアムロジピンと、高LDLコレステロール血症と家族性高コレステロール血症に効果のあるアトルバスタチンを1錠に含有した高血圧症と脂質異常症に効果を発揮するお薬です。
主に高血圧症や狭心症、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症の治療に使用されています。

高血圧と高コレステロール血症は併発すると、心臓病や脳卒中になる危険が高まるので一緒に治療するのが理想です。カデュエットは1錠で両方の効果があるので服用にも大変便利です。

カデュエットは症状に応じて適宜増減しますが、服用回数は1日1回なので継続して服用する場合も便利です。

私は現在、病院へ定期的な通院が難しいので個人輸入代行を使ってカデュエット 10/10mg 30錠を購入しています。金額も安いですし、まとめ買いもできるので大変便利です。

副作用として顔のほてり、潮紅、頭痛、動悸、めまい、眠気、黄疸、血小板減少、白血球減少、劇症肝炎、肝炎、過敏症、無顆粒球症、汎血球減少症、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、多形紅斑、高血糖、糖尿病、間質性肺炎、じんま疹、全身発赤、貧血、好酸球増、紫斑、消化器障害、せき、呼吸困難、鼻炎・鼻出血、筋肉痛、視力異常、耳鳴、味覚異常、不眠症、振戦、末梢神経障害、甲状腺機能異常、代謝異常、浮腫、血圧上昇、期外収縮、腎・泌尿器障害、全身けん怠感などがあります。万が一これらの症状が長引き異常を感じた場合はただちに服用を中止し、医師に相談して下さい。また、治療が長期に及ぶ場合は、定期的に肝機能や腎機能、血液の検査などの検査を必ず受けるようにして下さい。

カデュエット CADUET 10/10mg 30錠

http://sigmasolns.com/caduet_1010/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です