薬を安い価格で買うための裏技


薬を安い価格で買おう!

薬を安く買う!といってまず思い出すのはジェネリック医薬品ではないでしょうか?テレビでもジェネリック医薬品のCMが近年多く鳴ってきているので、私たち日本人にもジェネリックが身近な存在になってきました。ちなみにジェネリックは後発医薬品といい、医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品のことをいいます。近頃では薬局でも処方箋を提出するときに「ジェネリックにする」「ジェネリックにしない」といったような選択ができるようになっています。もちろん、ジェネリックを選択することによって大幅に安くお薬を購入することができます。これらをうまく用いることで、薬は安く買うことができます。

薬をさらに安い価格で買おう!

ジェネリック医薬品を選択することで薬を安く買えることがわかりました。では、さらに安く購入する方法をお伝えしたいと思います。ずばりそれは個人輸入で海外からジェネリック医薬品を入手することです。この方法で購入することによって劇的に価格を抑えてお薬を購入することができます。たとえば、アレルギー薬のアレグラは日本でも有名で最近、民間の薬局でも処方箋無しで購入できるようになりましたが、2週間分でおよそ2000円ほどします。しかし海外のジェネリック医薬品のアレグラはその3分の1程度の価格で購入することができます。この圧倒的な安さが近年、薬の通販が法律で認められてから注目をあびるようになり、個人輸入でジェネリック医薬品を入手する人が増えています。ただし個人輸入で注意しなければならない点としては、すべてにおいて自己責任であるということです。海外の薬を服用してなんらかの健康被害が出た場合、日本からの補償が受けられない点です。自分の使いなれている薬なら健康被害のでる可能性も低いですし、そのリスクを差し引いても安さという点で人気なのかもしれません。
Return Top